メニュー

FACEFARM生産履歴ソフト及び農協向けの会計ソフト導入の全国展開

FACEFARM生産履歴ソフト及び農協向けの会計ソフト導入の全国展開

情報技術を生産及び経営に応用する事を通じて、デジタル変革の時代に管理能力を向上させ、持続的に発展し、農業におけるデータベースを構築し、各地域を繋げるために、経済協力及び農村開発局は、ソリマチベトナム有限会社(以下は「ソリマチ」という)と協力し、農協や農場や国家管理機関にFaceFarm生産履歴ソフト及び農協向けの会計ソフト導入を63市・省へ展開することになりました。

特に、農業農村開発省発行の2021年~2025年程度の標準的な原材料エリア構築提案に組み込む農協;経済協力及び農村開発局が観察したり管理したりするモデル農協;農業農村開発省の試験的プログラミングへの参加登録済のモデル農協を優先していきます。

今回の全国展開は、2022年1月20日に経済協力及び農村開発局及びソリマチベトナム有限会社が協力覚書を締結して以来、第一歩だと見なされています。今回の全国展開は、2022年1月20日に経済協力及び農村開発局及びソリマチベトナム有限会社が協力覚書を締結して以来、第一歩だと見なされています。

公文書(ベトナム語版
公文書(日本語訳版

経済協力及び農村開発局: https://dcrd.gov.vn/

ソリマチベトナム有限会社: http://sorimachi.vn/vi/

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine